Salesforce Pardotコンサルタント試験範囲に関するTrailheadまとめ

Salesforce認定 Pardotコンサルタント試験範囲Trailheadまとめ Pardot
スポンサーリンク

こんにちは。にいるです。

Salesforce Pardotコンサルタント試験範囲に関するTrailheadをまとめました。

下記の見出しはTrailheadで推奨されているモジュールを参考にしています。
公式受験ガイドはこちらからご覧ください。

※Pardotコンサルタント試験を受けるにはPardotスペシャリストの資格取得が必須になります。
Pardotスペシャリストの試験範囲はこちらからご覧いただけます。

スポンサーリンク

1.情報収集・分析と戦略策定(13%)

2.アカウント設定(13%)

3.リードジェネレーション(12%)

4.ビジネスプロセスのオートメーション(15%)

5.メールマーケティング(15%)

6.リード評価(13%)

7.プロスペクト環境のパーソナライゼーション(7%)

8.レポート(7%)

9.SALESFORCE ENGAGE(5%)

10.おわりに

他にも標準機能やアドミン試験関連、VisualforceのTrailheadなども紹介しています。
アドミン試験範囲の標準機能の使い方
機能別ページまとめ
アドミン試験関連
VisualforceのTrailheadまとめ

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました