Apex

スポンサーリンク
Apex

【Salesforce】Apexで営業日判定メソッドを作成

SalesforceのApexで営業日判定メソッドを作ってみました。土日を休日として判定するメソッドを作成しています。共通クラスを作成してどのクラスからも営業日判定メソッドを呼び出せるようにしておけば、汎用的に使用できるのでとても便利になります。
Apex

【Apex】For文の条件にBooleanを使う方法

SalesforceのApexのfor文の抜ける条件にBooleanを使用する方法について、紹介しています。For文とは、処理を繰り返すためのコードを書く時に使用します。例えば、指定回数や取得したリストの要素分だけ、処理を実行する時に使用できます。
Apex

【Apexエラー】「NO_MASS_MAIL_PERMISSION」

SalesforceのApexエラー「NO_MASS_MAIL_PERMISSION」の発生原因と解決策について説明しています。発生原因は、組織でメール送信のアクセス権限に制御が掛っているためです。設定メニューからアクセス権限を変更できます。
スポンサーリンク
Apex

【Salesforce】Apexの予約キーワードについて

Salesforceの予約キーワードについて紹介しています。予約キーワードとは、Salesforceがシステム上でユーザが任意に使用できないように設定しているキーワードです。Salesforceではキーワードを予め、変数や定数には使用できないようにしています。
Apex

【Apex】文字列の判定について

【Salesforce】Apexの文字列の判定について説明しています。equalsやisBlank、isEmptyのメソッドを使用した文字列判定方法を実際に書いています。デバッグの結果でどのように判定されるかを検証しています。NULL判定についてもこれらのメソッドで行えます。
Apex

【Apexエラー】「Invalid api version:0.0」

SalesforceのApexエラー「Invalid api version:0.0」の発生原因と解決策について説明しています。発生原因は詳しくはわかりませんが、保存した時にサーバーとの連携がうまくいってないのかもしれません。解決方法は開発者コンソールを操作するだけです。
Apex

【Salesforce】2つのapex:inputfieldの値を連動させる方法

Salesforceのapex:inputfieldで2つの値を連動させる方法を紹介しています。JavaScriptのdocument.getElementById()でapex:inputfieldのIDを指定して要素を取得しています。
未分類

Visual Studio Codeのインストール方法

Visual Studio Codeのインストール方法を紹介しています。Visual Studio CodeはSalesforceで使用できるIDEです。使用するためにはコマンドラインインターフェース(CLI)やSalesforce Extension Packもインストールします。
Apex

ApexのMap(対応付け)の使い方

SalesforceのApexのMapの使い方について説明しています。MapはApexのコレクションの1つでキーと値を対応付けることができます。参照するときはget()を使用して、キーを指定することで、そのキーに関連付けられた値を取得できます。put()で代入することができます。
Apex

ApexのSetの使い方

SalesforceのApexのSetの使い方について説明しています。SetはApexのコレクションの1つです。Setは重複を含まないコレクションです。もし重複値を代入しようとすると自動的に弾かれます。メソッドも18種類あるので、よく使うメソッドを一緒に紹介しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました