選択リスト

Salesforce

【Salesforce】連動選択リストの使い方

Salesforceの項目のデータ型の選択リストを使用すれば、連動選択リストを定義できます。この連動関係を使用するとエリア項目で関東を選んで、県項目に表示される選択リストの候補を東京都、千葉県、神奈川県などの関東の都道府県に制御することができます。これを項目の連動関係と呼びます。
Salesforce

【Salesforce】選択リスト値の管理方法

Salesforceの選択リスト値の管理方法について紹介しています。値には4種類の管理方法があります。また制御項目、連動選択リストを使用することでユーザが使いやすいように値の表示をコントロールすることもできます。
Salesforce

【Salesforce】選択リストの使い方

Salesforceの選択リストの使い方について紹介しています。選択リストは項目と値の設定が重要になります。項目ではデータ型をどうするか、値の追加をユーザに委任して良いか、また他の項目へ連動させるかの判断が必要になります。
Salesforce

グローバル選択リスト値セットについて

こんにちは。にいるです。 今回で選択リスト値のTrailheadは最後です。 最後は「グローバル選択リスト値セット」について紹介したいと思います。 前回の選択リスト値関連の記事は下記からご覧ください。 ・選択リストの使い方 ・...
タイトルとURLをコピーしました