Salesforce Integration Architecture デザイナー 試験対策想定問題集22

スポンサーリンク
Salesforce Integration Architecture デザイナー 試験対策想定問題集 Integration Architecture デザイナー

最初から始める方は下記からどうぞ

Salesforceの問題
 
 
 
 
 

Q211. テストケースの1%でフルフィルメントのためにクローズド商談をERPシステムに投稿するアウトバウンドメッセージングベースの統合があり、統合によりクローズド商談に対して複数の注文が作成されます。テクニカルアーキテクトが問題を診断するために実行する必要がある3つのステップはどれですか。

1.ファイアウォールログを確認して、送信メッセージが配信されていることを確認します。
2.Enterprise Service Busログを確認して、正常な注文が確認されていることを確認します。
3.アウトバウンドMessagingDeliverystatusログを確認して、メッセージが配信され、ターゲットシステムによって確認応答されていることを確認します。
4.Enterprise Service Busログを確認して、注文が1回だけ作成されていることを確認します。
5.アウトバウンドメッセージング監査ログを確認して、メッセージがターゲットシステムによって正常に処理されていることを確認します。
 
 
 
A211.
2.Enterprise Service Busログを確認して、正常な注文が確認されていることを確認します。
3.アウトバウンドMessagingDeliverystatusログを確認して、メッセージが配信され、ターゲットシステムによって確認応答されていることを確認します。
4.Enterprise Service Busログを確認して、注文が1回だけ作成されていることを確認します。

Q212. Salesforceのデータをリアルタイムでクエリおよび更新するネイティブモバイルアプリケーションを構築しています。SalesforceAPIについて正しい説明は何ですか。

1.エンタープライズWSDLはペイロードサイズを最小化します。
2.REST APIはoAuthをサポートしています。
3.エンタープライズWSDLはWS-Securityをサポートします
4.REST APIはWS-Securityをサポートします。
 
 
 
A212.
2.REST APIはoAuthをサポートしています。

Q213. Salesforceにデータをロードするときに失敗した更新の自動再試行を許可するために考慮すべき2つのオプションはどれですか?

1.シリアルオプション付きのBulk API。
2.並列オプション付きの標準API。
3.並列オプション付きのBulk API。
4.シリアルオプション付きの標準API。
 
 
 
A213.
1.シリアルオプション付きのBulk API。
3.並列オプション付きのBulk API。

Q214. 商談がクローズに変更されるたびに会計システムを更新したいと考えています-月末の処理をサポートするために、会計システムが3〜4時間オフラインになることがあります。また、トランザクションが失われないようにする統合設計を望んでいます。このダウンタイム中に、アーキテクトはどの2つの統合設計を検討する必要がありますか?

1.エンタープライズWSDLを利用して、Closed-Wonに変更された商談について会計システムからSalesforceにクエリを実行します。
2.エンタープライズサービスバスを利用して、Salesforceと会計システム間のWebサービス呼び出しを行います。
3.キューイングフレームワークが組み込まれているワークフローアウトバウンドメッセージングを利用します。
4.@futureクラスでApexトリガーを使用して、月末の処理が完了した後に会計システムにコールアウトします。
 
 
 
A214.
2.エンタープライズサービスバスを利用して、Salesforceと会計システム間のWebサービス呼び出しを行います。
3.キューイングフレームワークが組み込まれているワークフローアウトバウンドメッセージングを利用します。

Q215. 既存のSMTPベースの統合を備えたレガシーシステムからSalesforceに移行しています。IntegrationArchitectはどのSalesforceプラットフォーム機能を検討する必要がありますか?

1.SMTPプロトコルを実装するWebサービスメソッドを使用したカスタムApexクラス。
2.メッセージを処理するためのカスタムInboundEmailHandler。
3.LightningはoData / SMTPインターチェンジで接続します。
4.SMTPメッセージをチェックするカスタムApexバッチジョブ。
 
 
 
A215.
1.SMTPプロトコルを実装するWebサービスメソッドを使用したカスタムApexクラス。

Q216. Salesforceのインスタンスとビジネスパートナーのフルフィルメントシステムの統合を構築しています。セキュリティ担当者は、すべてのインターフェイスで各ビジネスパートナーの承認済みデータのみにアクセスできるようにしたいと考えています。アーキテクトは、この要件が満たされていることをどのように確認する必要がありますか。

1.各ビジネスパートナーに、適切なデータにプロビジョニングされた特定の役割/プロファイルを持つ共有統合ユーザ名/パスワードを提供します。
2.各ビジネスパートナーに、適切なデータにプロビジョニングされた特定の役割/プロファイルを使用して、独自のユーザ名/パスワードを提供します。
3.データを適切にフィルタリングするために、各ビジネスパートナーに独自のユーザ名/パスワードをApexカスタムWebサービスで提供します。
4.各ビジネスパートナーに、適切なデータにプロビジョニングされた共有統合プロファイルを使用して、独自のユーザ名/パスワードを提供します。
 
 
 
A216.
2.各ビジネスパートナーに、適切なデータにプロビジョニングされた特定の役割/プロファイルを使用して、独自のユーザ名/パスワードを提供します。

Q217. Salesforceアウトバウンドメッセージングの3つの機能は何ですか?

1.アウトバウンドメッセージの一部としてセッションIDを提供します。
2.確認応答が受信されるまで、最大24時間SOAP通知を繰り返し送信します。
3.Apexを使用せずに統合コンポーネントを構築します。
4.Master-Detaikls関係を介して関連付けられた2つのオブジェクトに基づいてWSDLを定義します。
5.ApexInterfaceクラス定義に基づいてカスタムWSDLを定義します。
 
 
 
A217.
1.アウトバウンドメッセージの一部としてセッションIDを提供します。
2.確認応答が受信されるまで、最大24時間SOAP通知を繰り返し送信します。
3.Apexを使用せずに統合コンポーネントを構築します。

Q218. 過去24時間に更新されたSalesforce内のすべてのアカウントレコードをクエリし、それらのアカウントをデータウェアハウスに毎晩ダウンロードする必要があります。彼らは、レコードの量が1日あたり500〜1500レコードになると予想しています。アーキテクトが考慮すべき3つのテクニックは何ですか?

1.時間ベースのワークフローアクションを活用して、過去24時間以内に更新されたすべてのレコードのアカウントアウトバウンドメッセージ通知をトリガーします。
2.エンタープライズWSDLgetUpdated()操作を利用して、過去24時間以内に更新されたアカウントレコードを取得します。
3.Salesforce Data Replication APIのgetUpdated()操作を利用して、過去24時間以内に更新されたアカウントレコードを取得します。
4.動的に変化するSOQLを備えたサードパーティツールETLを活用して、過去24時間以内に更新されたアカウントを取得します。
5.REST API / sObjects /アカウント/更新されたURIを利用して、過去24時間以内に更新されたアカウントレコードを取得します。
 
 
 
A218.
2.エンタープライズWSDLgetUpdated()操作を利用して、過去24時間以内に更新されたアカウントレコードを取得します。
3.Salesforce Data Replication APIのgetUpdated()操作を利用して、過去24時間以内に更新されたアカウントレコードを取得します。
4.動的に変化するSOQLを備えたサードパーティツールETLを活用して、過去24時間以内に更新されたアカウントを取得します。

Q219. 検証ページのユーザにSalesforceからのデータ更新と他のシステムからのメッセージをリアルタイムで通知するという要件があります。正しいAPIを選択する際に考慮すべき3つのアプローチはどれですか。

1.レコードの更新についてSalesforceを継続的にポーリングするRESTAPI。
2.他のシステムからの通知をサポートする汎用ストリーミングAPI。
3.Salesforce1を使用するモバイルデバイス上のユーザへのプッシュ通知をサポートするストリーミングAPI。
4.ActionPollerを利用して、外部システムへのApexコールアウトを実行し、データを取得します。
5.Salesforce内の他のユーザによるリアルタイムのデータ更新をサポートするストリーミングAPI。
 
 
 
A219.
3.Salesforce1を使用するモバイルデバイス上のユーザへのプッシュ通知をサポートするストリーミングAPI。
4.ActionPollerを利用して、外部システムへのApexコールアウトを実行し、データを取得します。
5.Salesforce内の他のユーザによるリアルタイムのデータ更新をサポートするストリーミングAPI。

Q220. 時間の経過に伴う多数の買収の結果として、複数のSalesforce組織があります。彼らは、子会社に独自の組織の使用を継続させることを決定しましたが、リード処理を合理化したいと考えています。彼らは、グループのすべてのリードを受け取り、リードの種類に基づいてそれらを補助組織に配布するためのゲートウェイとして機能する1つの組織を特定しました。子会社組織のリードステータスの変更は、ゲートウェイ組織に反映する必要があります。リードの配布にSalesforce-to-Salesforceを使用することを決定します。検索なしの双方向統合を保証するには、Salesforce-to-Salesforceのどの制限を考慮する必要がありますか。

1.Salesforce-to-Salesforceには、双方向(双方向)統合のサポートが組み込まれていません。
2.Salesforce-to-Salesforceには、システム間で共有されるレコードの数に制限があります。
3.Salesforce-to-Salesforceは、受信組織の既存のレコードとのリンク/共有をサポートしていません。
4.Salesforce-to-Salesforceには、親子関係を持つオブジェクトのサポートが組み込まれていません。
 
 
 
A220.
4.Salesforce-to-Salesforceには、親子関係を持つオブジェクトのサポートが組み込まれていません。

Salesforceの問題

Salesforceの問題

コメント

タイトルとURLをコピーしました