Salesforce Integration Architecture デザイナー 試験対策想定問題集13

スポンサーリンク
Salesforce Integration Architecture デザイナー 試験対策想定問題集 Integration Architecture デザイナー

最初から始める方は下記からどうぞ

Salesforceの問題
 
 
 
 
 

Q121. 販売プラットフォームとしてSalesCloudを活用しています。機会ごとに、3つのバックオフィスシステムを1つのトランザクションである作業単位の下で並行してオンラインで更新する必要があります。いずれかのシステムの更新が失敗した場合、トランザクションで正常に更新されたすべての更新に対してロールバックが必要です。各システムは更新のために異なるサービスを公開し、サービスへの呼び出しには10秒以上かかる場合があります。この要件をサポートするために統合アーキテクトが導入する必要がある2つのオプションはどれですか。

1.Salesforceアウトバウンドメッセージング
2.統合ミドルウェア
3.メッセージ指向ミドルウェア
4.Salesforceの継続
 
 
 
A121.
1.Salesforceアウトバウンドメッセージング
3.メッセージ指向ミドルウェア

Q122. Salesforceで商談がクローズされると、バックオフィスSAPシステムでオーダーが作成される必要があります。一日の終わりに、顧客が24時間以内に電話をかけ直して注文をキャンセルすることを許可します。注文をキャンセルするには、営業担当者は商談ステータスを「クローズからオープン」に設定する必要があります。セールスマネージャーは、クローズからオープンに変更されたすべての商談をSAPシステムに送信して、夜間に注文をキャンセルすることを望んでいます。Salesforceには合計2,000万の機会がありますが、これを達成するための推奨される方法は何ですか?

1.BulkAPIを活用して変更された機会を抽出するETLジョブ。
2.RESTAPIを活用してすべての機会を抽出するETLジョブ。
3.SOAPAPIを活用して変更された機会を抽出するETLジョブ。
4.SOAPAPIを活用してすべての機会を抽出するETLジョブ。
 
 
 
A122.
3.SOAPAPIを活用して変更された機会を抽出するETLジョブ。

Q123. バックオフィスシステムからSalesforceに移行する大量のデータを含む本番リリースを計画しています。受信データは、バックオフィスシステムで常に更新されています。Salesforceでほぼリアルタイムでデータの同期を維持したいと考えています。これを実現するために推奨されるアプローチは何ですか。

1.1回限りの移行にはBulkAPIを使用し、増分負荷にはApexWebサービスの呼び出しを使用します。
2.1回限りの移行にはBulkAPIを使用し、増分ロードにはSOAPAPI呼び出しを使用します。
3.1回限りの移行にはSOAPAPIを使用し、増分ロードにはRESTAPI呼び出しを使用します。
4.1回限りの移行にはBulkAPIを使用し、増分ロードにはバルクAPIコールインを使用します。
 
 
 
A123.
1.1回限りの移行にはBulkAPIを使用し、増分負荷にはApexWebサービスの呼び出しを使用します。

Q124. 複数のパートナーと協力して、リードのリストをリード集約システムに取り込みます。これらのリードは、ETLツールを介した毎日のバッチ統合のオウムとしてSalesforceにインポートされます。リードが異なるパートナーから供給されているため、リードが重複している可能性があることを観察しました。アーキテクトがデータ品質を向上させるために推奨する2つのオプションはどれですか。

1.Salesforceリードデータをステージングテーブルに抽出し、ETLを使用して重複排除します。
2.カスタムWebサービスを作成して、重複するリードを識別し、ロードします。
3.リード集約システムから重複を排除するETLジョブを設計します。
4.Leadで重複管理ルールを使用して、重複レコードを報告します。
 
 
 
A124.
3.リード集約システムから重複を排除するETLジョブを設計します。
4.Leadで重複管理ルールを使用して、重複レコードを報告します。

Q125. Salesforce内の注文の出荷情報を更新するために、サードパーティアプリケーションから情報を収集したいと考えています。営業担当者が更新をトリガーすると、ユーザインターフェイスが現在のステータスで更新されます。リモートプロセスの呼び出し-要求と応答のパターンを利用する場合、これに推奨される2つのオプションはどれですか。

1.ApexSOADまたはHTTPコールアウトを同期的に実行するバッチApexジョブ。
2.ApexRESTコールアウトを同期的に開始するカスタムVisualforceページまたはボタン。
3.ApexSOAPコールアウトを同期的に開始するカスタムVisualforceページまたはボタン。
4.Salesforce Dataから呼び出されるトリガーは、同期的にApex SOAPを変更、実行、および実行します。
 
 
 
A125.
2.ApexRESTコールアウトを同期的に開始するカスタムVisualforceページまたはボタン。
3.ApexSOAPコールアウトを同期的に開始するカスタムVisualforceページまたはボタン。

Q126. SalesforceとバックエンドERPアプリケーションの間で開発された統合があります。ピーク負荷時に、統合レイヤーで「ログインレートを超えました」というエラーを受け取ります。この問題を軽減する2つの推奨事項はどれですか。

1.統合ごとに異なるユーザを使用してください。
2.ユーザのアクセス許可ログインが期限切れにならないように設定します。
3.ログイン呼び出しを回避するためにセッションIDをキャッシュします。
4.成功するまで、ログイン呼び出しを再入力し続けます。
 
 
 
A126.
1.統合ごとに異なるユーザを使用してください。
3.ログイン呼び出しを回避するためにセッションIDをキャッシュします。

Q127. Salesforceへのインバウンド統合呼び出しのログイン認証呼び出しを実装するために推奨されるアプローチは何ですか?

1.セッション/アクセストークンの有効期限が切れているか、機能しなくなった場合にのみ、ログイン呼び出しを実行してください。
2.Salesforceへの各統合呼び出しの前に毎回ログイン認証呼び出しを実行します。
3.1回のログイン呼び出しのみを永久に実行し、セッション/アクセストークンを永続的に保存します。
4.Salesforceへの複数の呼び出しの単一のトランザクションの前に、ログイン認証呼び出しを実行します。
 
 
 
A127.
1.セッション/アクセストークンの有効期限が切れているか、機能しなくなった場合にのみ、ログイン呼び出しを実行してください。

Q128. SalesforceプラットフォームをオンプレミスのERPシステムと統合しています。テストクラスの設計の一環として、DML操作はテストコールアウトを行う前に実行する必要があります。これを容易にするためにSalesforceはどのような機能を提供しますか?

1.Test.StartTestおよびTest.StopTest内でDML操作を実行し、Test.StartTestおよびTest.StopTestブロック内でコールアウトを作成します。
2.Test.StartTestおよびTest.StopTestの外部でDML操作を実行し、Test.StartTestおよびTest.StopTestブロックを使用してコールアウトを作成します。
3.Test.StartTestおよびTest.StopTest内でDML操作を実行し、Test.StartTestおよびTest.StopTestブロックの外でコールアウトを作成します。
4.Test.StartTestおよびTest.StopTestの外部でDML操作を実行し、Test.StartTestおよびTest.StopTestブロックの外部でコールアウトを作成します。
 
 
 
A128.
2.Test.StartTestおよびTest.StopTestの外部でDML操作を実行し、Test.StartTestおよびTest.StopTestブロックを使用してコールアウトを作成します。

Q129. 顧客契約の有効期限が近づくと、定期的に見積もりを顧客に送信します。見積もりは、外部の見積もりエンジンによって生成されます。VPは、見積もりで生成されたリクエストを契約満了の1週間前に送信することをお勧めします。見積もりエンジンでは、見積もりを生成するためにSalesforceからの最新のアカウント、連絡先、および契約情報が必要です。推奨されるソリューションは何ですか。

1.Salesforceから追加情報を収集し、見積もりエンジンへの同期コールアウトを行うためのスケジュールされたバッチApex。
2.Visualforceページのカスタムコントローラーからリクエストを送信する営業担当者へのワークフロー開始アラート。
3.Salesforceから追加情報を収集するためのコールバックを伴うワークフロー開始のアウトバウンドメッセージ。
4.Salesforceから追加情報を収集し、見積もりエンジンへの同期コールアウトを行うためのワークフロー開始Apex。
 
 
 
A129.
1.Salesforceから追加情報を収集し、見積もりエンジンへの同期コールアウトを行うためのスケジュールされたバッチApex。

Q130. 管理者は、ユーザが使用できるデスクトップ統合ツールを決定できます。

1.True
2.False
 
 
 
A130.
1.True

Salesforceの問題

Salesforceの問題

コメント

タイトルとURLをコピーしました