Salesforce アドミニストレーター 試験対策想定問題14

スポンサーリンク
アドミン試験の想定問題 Salesforce

最初から始める方は下記からどうぞ

Salesforceの問題
 
 
 
 
 

Q131.Service Cloudでは何ができますか?

1.テリトリーに基づいた商談を参照できる
2.カスタマーポータルユーザはレポートを作成できる
3.取引先責任者レコードの編集
4.ナレッジ記事の公開
 
 
 
A131.
4.ナレッジ記事の公開

(解説)
【Salesforce】Classicナレッジの使い方
【Salesforce】Lightningナレッジの使い方

Q132.データローダの説明として不適切なものはどれですか?

1.全てのレコードの作成、更新が可能
2.一致項目に基づいた重複回避が可能
3.データのエクスポートが可能
4.使用時にワークフロールールが実行できる
 
 
 
A132.
2.一致項目に基づいた重複回避が可能

(解説)
【Salesforce】データローダの使い方

Q133.レコードタイプの説明として適切なものはどれですか?

1.ユーザごとにレコードタイプを有効化する必要がある
2.プロファイルごとにレコードタイプを有効化する必要がある
3.レコードタイプごとにページレイアウトを新規作成する必要がある
4.プロファイルにレコードタイプの割り当てが必要
 
 
 
A133.
4.プロファイルにレコードタイプの割り当てが必要

(解説)
【Salesforce】プロファイルの使い方
【Salesforce】レコードタイプの使い方
【ヘルプ】レコードタイプの作成

Q134.割り当てルールを使用すると、__をケースの所有者に割り当てが可能

1.ユーザ
2.取引先の所有者
3.取引先チーム
4.ケースチーム
 
 
 
A134.
1.ユーザ

(解説)
【ヘルプ】割り当てルールの設定

Q135.レポートのカスタム集計項目の説明として適切なものはどれですか?

1.数式項目を参照できる
2.レポートをグルーピングできる
3.カスタムレポートタイプで作成したレポートで利用可能
4.別のカスタム集計項目を参照できる
 
 
 
A135.
1.数式項目を参照できる
3.カスタムレポートタイプで作成したレポートで利用可能

(解説)
【ヘルプ】レポートへの集計項目列の追加

Q136.ダッシュボードのスケジュール設定では何ができますか?

1.ダッシュボードのコンポーネントごとにスケジュールの設定が可能
2.四半期ごとにメールで通知が可能
3.実行時刻はタイムゾーンも設定可能
4.更新スケジュールの解除が可能
 
 
 
A136.
4.更新スケジュールの解除が可能

(解説)
【ヘルプ】ダッシュボードの登録とスケジュール
【ヘルプ】Salesforce Classicでのダッシュボードの更新のスケジュール設定

Q137.リードの取引開始をするとき、リードのカスタム項目を取引先責任者に移行する場合、どうすればいいですか?

1.リードのカスタム項目を取引先責任者の標準項目に項目の対応づけをしておく
2.リードのカスタム項目を取引先責任者のカスタム項目に項目の対応づけをしておく
3.レポートでリードをエクスポートして、インポートウィザードやデータローダでインポートする
4.取引先責任者にリードへの主従関係を作成する
 
 
 
A137.
2.リードのカスタム項目を取引先責任者のカスタム項目に項目の対応づけをしておく

(解説)
【ヘルプ】リードの取引開始に対するリードのカスタム項目の対応付け

Q138.セールスチームは、__で一緒に作業するユーザーの組み合わせである

1.リード
2.取引先
3.取引先責任者
4.商談
 
 
 
A138.
4.商談

(解説)
【Salesforce】商談チームの使い方
【ヘルプ】商談チーム

Q139.ユーザーレコードは完全に削除できる?

1.正しい
2.誤り
 
 
 
A139.
2.誤り

(解説)
【ヘルプ】ユーザの無効化 (削除)

Q140.Chatterの機能の説明として不適切なものはどれか?

1.ファイルの投稿
2.投稿のブックマーク
3.他人の投稿の削除
4.アンケートの実施
 
 
 
A140.
3.他人の投稿の削除

(解説)
【Salesforce】Chatterの使い方
【Salesforce】Chatterの質問とアイデア

Salesforceの問題

Salesforceの問題
 
 
 
 
 
 
他にも色々と標準機能やSalesforce機能、アドミン試験対策用のキーワードページなどのコンテンツについて紹介しています

よければ見てみてください

Salesforce 機能別まとめページ

Salesforceアドミン試験対策 キーワードまとめ

アドミンの次に取得しやすい資格

コメント

  1. lion より:

    Q132.データローダの説明として不適切なものはどれか?の回答は正しいでしょうか?

    • niel より:

      コメントありがとうございます。
      こちらはデータローダでも一意項目を使用すれば、重複回避はできます。
      ただ、設問としてはデータインポートウィザードと比較して使用する場合を想定しているものとなります。
      (紛らわしくてすみません。)

  2. huevo より:

    こんにちは。

    こちらのサイトで勉強して、先日アドミン試験に合格しました。
    また日々の業務でも参考にさせて頂いています。
    なんとなくお礼が言いたかったので、コメントしました。

    今後も試験や業務の参考にさせて頂きます。ありがとうございます。

    • niel より:

      こちらこそご覧いただきありがとうございます。
      そして、試験合格おめでとうございます!!

      すごく励みになります。
      引き続き、良いサイト作りを目指していきますm(__)m

タイトルとURLをコピーしました