Salesforce アドミニストレーター 試験対策想定問題12

スポンサーリンク
アドミン試験の想定問題 Salesforce

最初から始める方は下記からどうぞ

Salesforceの問題
 
 
 
 
 

Q111.ワークフローのトリガーはルール適用と時間ベースのみである

Q112.ワークフローのTodo作成はユーザー、ロール、所有者に割り当てることができる

1.できる
2.できない
 
 
 
A112.
1.できる

(解説)
【Salesforce】ToDoアクションの使い方
ToDo アクション

Q113.ひとつのTodo作成で複数のユーザーに割り当てることができる

1.できる
2.できない
 
 
 
A113.
2.できない

(解説)
【Salesforce】ToDoアクションの使い方

Q114.承認プロセスの設定は管理者の他、マネージャ、もしくは設定するロールの上位ロール層であれば設定可能である

1.正しい
2.誤り
 
 
 
A114.
2.誤り

(解説)
承認プロセスの設定

Q115.エスカレーションルールでユーザーの再割当が行えるオブジェクトはどれか?

1.リード
2.商談
3.ケース
4.ソリューション
 
 
 
A115.
3.ケース

(解説)
【Salesforce】ケースの管理について
エスカレーションルールの設定

Q116.キューが設定できるオブジェクトはどれか?

1.リード
2.ケース
3.注文
4.商談
 
 
 
A116.
1.リード
2.ケース
3.注文

(解説)
キューの設定

Q117.Salesforceのナレッジ機能とは?

1.ユーザ間でレコードを共有する
2.参照にナレッジライセンスが必要
3.作成にナレッジライセンスが必要
4.最大記事数は50,000である
 
 
 
A117.
3.作成にナレッジライセンスが必要
4.最大記事数は50,000である

(解説)
【Salesforce】Classicナレッジの使い方
Classic ナレッジユーザのアクセス権

Q118.Salesforceのコンテンツ配信機能について正しくないものを選べ

1.ユーザにはSalesforce CRM Content ユーザの権限を付与する
2.Salesforce Classicのみの機能でLightning Experienceでは使用できない
3.配信の参照回数は追跡できるが、ファイルのダウンロードは追跡できない
4.配信コンテンツに有効期限を設けることができる
 
 
 
A118.
3.配信の参照回数は追跡できるが、ファイルのダウンロードは追跡できない

(解説)
コンテンツ配信の作成
コンテンツ配信の表示と編集

Q119.アイデアで賛成と反対の投票(±10)が行える

1.正しい
2.誤り
 
 
 
A119.1.正しい

(解説)
アイデアへの投票

Q120.Service Cloudのアンサーの説明で正しい物を選べ

1.すでに廃止された機能で現在はChatterの質問に統合されている
2.顧客とカスタマーサポート間で使用する機能
3.レコードページで使用できる
4.最良の選択を使用できるのは質問ユーザとモデレータだけである
 
 
 
A120.
1.すでに廃止された機能で現在はChatterの質問に統合されている
3.レコードページで使用できる
4.最良の選択を使用できるのは質問ユーザとモデレータだけである

(解説)
【Salesforce】Chatterの使い方
【Salesforce】Chatterの質問とアイデア

Salesforceの問題

Salesforceの問題
 
 
 
 
 
 
他にも色々と標準機能やSalesforce機能、アドミン試験対策用のキーワードページなどのコンテンツについて紹介しています
よければ見てみてください

Salesforce 機能別まとめページ

Salesforceアドミン試験対策 キーワードまとめ

アドミンの次に取得しやすい資格

コメント

タイトルとURLをコピーしました